引越しクリーニング 注意点

クリーニングで気を付けること

掃除中

退去する部屋の掃除は後日、ハウスクリーニングの人が入るのですがある程度、掃除はしたほうが退去時の印象が良くなります。

 

もしかしたら敷金の返還にも影響が出てくるかもしれません。

 

でも、荷物を移動した後に一気に掃除をするのはとても大変な事なので事前にちょっとずつ掃除をしていったほうが良いのです。

 

キッチンなどは特に綺麗に掃除しておくと良いのでポイントとしては事前にやっておくようにしてください。
一気にやると大変なので今回は換気扇を掃除しよう!といった感じで一ヶ所ずつクリアしていくようにしてみましょう。
キッチンの油汚れやお風呂、トイレのカビとりなどはあらかじめやっておくようにしてください。

 

また、引越し先の掃除も家具が入る前にしたほうが良いです。
遠距離だと無理ですが行ける範囲の場所だったら事前に掃除をしておいたほうがスムーズに引越し作業も進めることができます。

 

最後に引越し当日、退去予定の部屋の荷物を搬出し終わった後に改めて拭き掃除しておきます。
移動と共に隠れていたホコリが出てくるからです。

 

新居も荷物の搬入が終わった後にもう一度掃除を出来る範囲でしたほうが良いかもしれません。
結構、搬入で汚れが出てしまうからです。
後は荷解きをしつつ、徐々に掃除をしていくようにしてください。

クリーニングで気を付けること関連ページ

料金を安くしたい
引越をできるだけ安い料金でしたいのなら、複数業者から見積もりを取り寄せることが大切です
準備偏
引越に必要な手続きや梱包資材の準備など
業者間で違うサービス内容
引っ越し業者の間でも様々なサービスがありますが、ある業者では梱包資材がサービスなっていたりと
荷物の減らし方
荷物が多すぎて、引越の妨げになることが結構あります。そんな時どうしたら効率よく荷物を減らすことができるのか
引越 料金の相場はどうやって決まるの
引越料金の相場について自分で計算する方法を紹介します。
引越の挨拶について
引越をするときには旧居と新居でのそれぞれの挨拶についてどうするのか。
どのようにして引越し業者を選ぶか
良いところを知るのが安心です
赤帽でのお引越し
赤帽の引越しのおすすめポイントの紹介〜
家族での引越
転勤や新居への引越しを家族でする場合の情報です。
即日引越しができる
急な引越しに対応している業者は意外に多いものです。ではそのチェックポイントはなんでしょうか、
引越しの際に起きるトラブル…
引越に関するトラブル……、起きてしまってからでは遅いかも〜やっぱり事前に防ぐことがベストです。
引越し見積りサイトを利用するメリット
引越しをすると決まって、どの業者にしたらいいのか悩む〜そんな時は引越し一括見積ができるホームページを利用してみましょう。
敷金について
賃貸住宅を借りるときに発生する敷金についての基本を説明しています。
敷金の返金額が増える
敷金の戻り額は、ちょっとした事柄で意外にたくさん戻ってくることがあります。
引越し手伝いのお礼
引越を手伝ってくれた友人や知人にはどのようなお礼をしたらいいのでしょうか。
ペットの引越し
引越しの時にペットを移動させるときの注意点をアドバイスします。
不用品や粗大ごみ賢い処分の方法
引越しの時は古くなった電化製品や家具などを思い切って処分しましょう。そうすることで費用が節約なります。
雨の日の引越しについて
引越の時はやっぱり晴れた天気の日がいいですよね。とはいっても自然に左右されるのが事実です。雨の日の引越しについてちょっとアドバイスします。
盗聴器発見サービス
引越の時に、業者が提供している盗聴器発見サービスを利用する方もいます。便利なサービスではあるのですが、利用する際にはちょっとした注意が必要です。
床や壁のクリーニングもしないといけない
引越をするときに部屋の床や壁の掃除もしておくことがマナーですね。ここではちょっとしたポイントと注したいことについて紹介しています。
業者に引越しの予約はいつするのがベストか
引越し業者予約時期は何時ごろまですればよいのでしょうか?早すぎても遅すぎても、いけません。そのタイミングはいつ?うまくいけば値引きしてくれる可能性も大です。
引越し業者キャンセルの仕方
引越のキャンセルなんて、そんなにないのではないかと考えがちですが、ですがあることはあるのです、急に予定が変わり引越しが中止になった時などはどうすればよいのかを解説します。
単身で近距離の引越なら
単身者が市内や町内など近場の引越しをするときには、自分でレンタカーを借りえてやれば安上がりだと思っていませんか?でもいろいろ総合的な判断すると必ずしもそうとは言えないのです。
新居の掃除
新しく住む予定になっている家や部屋の掃除はどうしたらいいの?近くにある場合と遠くにある場合ではその方法も違ってくるものです。
安い業者を選ぶうえでの注意点
料金が安い会社を選びたいですよね。でもそうする前にちょっとだけ注意してほしいことがあります。