学校 手続き

学校への届け出

中学校

子供がいる場合は、やはり引越しした際に新しい学校への転校・転入手続きも必要ですよね。

ではそんな転校・転入手続きはどのようにやるのでしょうか。
引越しをすることが決まりましたら、まずは担任の先生に伝えることからはじまります。
そして、役所で転出手続きをする際に転退学通知書を受け取ってください。
受け取ったら、転出校に出し、転退学の届出をしましょう。
こうすることにより、転出校から在学証明書や教科用図書給与証明書などを受け取ることができますよ。
こちらは、転居先で転入届を提出し、転入学通知書を受け取る際に必要な書類になるのでしっかりと保管することをわすれずに。
これでいよいよ、在学証明書と転入学通知書を、子供が転入する先の学校に渡せるというわけなのです。
ただし、ここで気をつけたいのは一連の流れはこのような状態でも、地域によっては多少違いが出てくるもの。
直前であわてる前に事前にしっかりとその地域にあった学校の手続きを済ましましょうね!
もちろん、義務教育ではない高校では、このような同じ手続きではないのでしっかりとチェックをわすれずに。
意外と学校での手続きも、いろいろ行わなければいけないのでとにかく早めにサッと済ませることがコツだといえますね。

学校への届け出関連ページ

住所変更について
引越の時に絶対に忘れてはいけないのが、住所の変更届、でもどうやればいいの?意外に知らない人もいるはずです。ここではその方法について解説しています。
運転免許や自家用車に関すること
引越の時には車に関する手続きがいくつかあります。もしオートバイを持っているならその手続きもやらないといけません。
電気・ガス・水道など公共料金
公共料金は手続きするところが、それぞれ違っているので、別々に手続きをしないといけません。
クレジットカードや銀行
引越の時には銀行やクレジットカード類などの住所変更の手続きも忘れずに行いたいものですね。
忘れがちな手続き
引越は荷物の整理や梱包、そして荷物の運送などやることがたくさんあって大変なのですが、だからこそ忘れてしまうこともあります。その中の一つが役所で行う手続きです。
賃貸アパートの解約は早めに
賃貸住宅に住んでいる場合は、事前に解約の連絡を不動産管理会社などにしないといけません。場合によって新居との家賃の二重払いになってしまうこともあります。