引越し 手続き 公共料金

電気・ガス・水道など公共料金

ライフラインといわれている電気やガス、さらには水道。引越しの際にはしっかりと手続きをすることも大切です。
スムーズに手続きを済ませることが使用停止や開始をより快適にするコツだといえますよね。

 

電気は、引越しが近づきましたら電話・インターネットなどを活用し、使用している電力会社に使用停止の申し込みをしてください。
そうすることにより、電力会社が指示を出してくれるのでそのとおりに動いてくださいね。

 

次にガスですが、ガスもやはり現在利用しているガス会社に連絡をしてください。
こちらもそうすることにより、ガス会社が指示をだしてくれるのでそのとおりに動けば大丈夫ですよ。

 

最後に水道。水道は、このような会社ではなく役所や役場の水道課や水道局といった場所に連絡をしてください。
水道はこのように、会社に連絡をするのではないので注意が必要です。

 

役所や役場も、連絡をすることにより指示を出してくれしっかりと手続きをしてくれるかと思いますのでそれにしたがってくださいね。
ここで、注意したいのが水道を利用する使用手続き。こちらもやはり、転居先の役所や役場に連絡をするのですが、引越し日のみを事前に伝えてください。そうすればすぐに水道を使用することができます。
その後はもちろん、しっかりと使用申込書を提出してくださいね。
このように電気ガス水道は手続きをするのですが、手続きの際にお客様番号などの情報が必要になるので事前に領収書などを用意し、スムーズに伝えられるようにしておくといいと思います。

 

電気・ガス・水道など公共料金関連ページ

学校への届け出
引越の時に小学校や中学校でしなければならない行う転校、転入届について
住所変更について
引越の時に絶対に忘れてはいけないのが、住所の変更届、でもどうやればいいの?意外に知らない人もいるはずです。ここではその方法について解説しています。
運転免許や自家用車に関すること
引越の時には車に関する手続きがいくつかあります。もしオートバイを持っているならその手続きもやらないといけません。
クレジットカードや銀行
引越の時には銀行やクレジットカード類などの住所変更の手続きも忘れずに行いたいものですね。
忘れがちな手続き
引越は荷物の整理や梱包、そして荷物の運送などやることがたくさんあって大変なのですが、だからこそ忘れてしまうこともあります。その中の一つが役所で行う手続きです。
賃貸アパートの解約は早めに
賃貸住宅に住んでいる場合は、事前に解約の連絡を不動産管理会社などにしないといけません。場合によって新居との家賃の二重払いになってしまうこともあります。