賃貸 解約

賃貸アパートの解約は早めに

賃貸住宅の場合は2年契約がメインになるようです。だからと言って中途解約ができないというわけではありません。
契約満了期間が近付くと案内があり、今後も継続するかあるいは満了をもって契約をやめるかどちらかを選ぶことになります。
賃貸契約を途中で解除するときには、事前に大家さんや不動産屋さんに解約の申し出をしなくてはなりません。
賃貸契約に中途解約をする場合は○日前でに連絡するようにということが通常はかかれていますので、それまでには解約の申し出をしなくてはなりません。
そうでないと引越し先と両方の家賃を支払う羽目になってしまいますので、契約の中身を確認するか、一番は直接大家さんや不動産管理会社に問い合わせをして、引越しのために解約することを伝えておいた方がいいでしょう。
アパートから出る
引越の日には、大家さんか賃貸の管理会社の人がやってきて室内のチェックをしていきます。
この時に鍵は返しておきます。室内チェックの時には、修理個所がないかどうかを見ていきますので、ここで執する必要があれば、その費用を請求されます。
通常これは敷金から補われます。
電気・ガス・水道なども管轄ガス会社や電力会社そして市区町村役所に退去日を連絡しておきましょう。
それと同時に引越し先の賃貸あるいは新築住宅の入居日を忘れずに連絡しましょう。

 

最後に敷金は退去日にチェックしたとき見つかった修繕箇所を治すに要する費用が差し引かれて金額が戻されることになります。

 

 

賃貸アパートの解約は早めに関連ページ

学校への届け出
引越の時に小学校や中学校でしなければならない行う転校、転入届について
住所変更について
引越の時に絶対に忘れてはいけないのが、住所の変更届、でもどうやればいいの?意外に知らない人もいるはずです。ここではその方法について解説しています。
運転免許や自家用車に関すること
引越の時には車に関する手続きがいくつかあります。もしオートバイを持っているならその手続きもやらないといけません。
電気・ガス・水道など公共料金
公共料金は手続きするところが、それぞれ違っているので、別々に手続きをしないといけません。
クレジットカードや銀行
引越の時には銀行やクレジットカード類などの住所変更の手続きも忘れずに行いたいものですね。
忘れがちな手続き
引越は荷物の整理や梱包、そして荷物の運送などやることがたくさんあって大変なのですが、だからこそ忘れてしまうこともあります。その中の一つが役所で行う手続きです。