引越し 手続き 住所変更

住所変更について

アドバイス

引越しをする際に、とても重要な住所変更。自分の身の回りの住所変更が必要になりますので、しっかりと忘れずに手続きをしましょう。

住所変更を忘れてしまって、後から困ることのないように住所変更手続きは、引越ししたらすぐ行うことが大切ですよ。
住所変更手続きのポイントは、重要な手続きから済ませることです。
最初にまず済ますべきことは、引越し先の市町村役場に出向き、転入届を出し住民票の写しを取得することです。
そして、次は所持している方は運転免許証。運転免許証の住所変更は管轄の警察署で行うことができるので、管轄の警察署で
自分の新しい住所で届いた郵便物を持って変更しに出向いてください。
生命保険や任意の自動車保険などの変更は、各保険会社の自分の担当者への連絡またはインターネットで住所変更届申請の申し込みをすることにより、
住所変更届を郵送してくれるので、書類に記入して提出しましょう。
この保険関係の中で最も優先させたいのが、住居関係の火災保険。万が一のことを考えて、しっかりと変更してくださいね!
これらだけではなく、インターネットなどの通信関係や各種クレジットカードや銀行口座関係の住所変更も忘れずに手続きをしましょう。
公共料金関係ももちろんですが、普段の通販のカタログ関係等も追々変更されることをおすすめします。
郵便物が迷子にならないように気をつけましょう。
このようにたくさん住所変更手続きはあるのですが、優先順位をつけて変更されるとよりスムーズに行うことができるかと思いますよ。

 

住所変更について関連ページ

学校への届け出
引越の時に小学校や中学校でしなければならない行う転校、転入届について
運転免許や自家用車に関すること
引越の時には車に関する手続きがいくつかあります。もしオートバイを持っているならその手続きもやらないといけません。
電気・ガス・水道など公共料金
公共料金は手続きするところが、それぞれ違っているので、別々に手続きをしないといけません。
クレジットカードや銀行
引越の時には銀行やクレジットカード類などの住所変更の手続きも忘れずに行いたいものですね。
忘れがちな手続き
引越は荷物の整理や梱包、そして荷物の運送などやることがたくさんあって大変なのですが、だからこそ忘れてしまうこともあります。その中の一つが役所で行う手続きです。
賃貸アパートの解約は早めに
賃貸住宅に住んでいる場合は、事前に解約の連絡を不動産管理会社などにしないといけません。場合によって新居との家賃の二重払いになってしまうこともあります。