食器 梱包

食器の梱包の仕方

食器の荷造りのコツ

皿やコップ

荷造りの中でも、特に注意が必要なものの一つが食器の荷造りではないでしょうか。

壊れやすいものだけに、荷造りがしっかりとしていないと悲惨なことになってしまいます。

 

ここでは、食器の荷造りのコツについてお伝えします。
まず、食器を梱包する段ボールは小さめのものを用意するようにしましょう。
食器類は重ねると結構重くなりますから、大きい段ボールだと抱えるのも大変ですし、重量に耐えれなくて底が抜けてしまったりして大変なことになりかねません。
それで、食器類を入れる段ボールは小さめの箱を用意し、ガムテープなどで底をしっかりと補強するのが鉄則です。

 

そして、ガラスや陶器などの割れものは、エアキャップなどでひとつずつ包みこんで丁寧に段ボールなどに梱包するようにします。
隙間があると、食器同士が動くことでぶつかり合ってしまうので隙間は新聞紙やタオルなどを詰めて埋めるようにしましょう。
注意する点として、段ボールの中に食器をびっしり詰めるというのは避けましょう。
びっしりと食器が詰まっていると、段ボールを積み重ねたときに上からの衝撃で中の食器が割れてしまう可能性があります。
それで、食器を梱包するときはある程度余裕を持たせて隙間にはタオルや新聞紙、エアキャップなどの衝撃を吸収してくれるものを詰めるようにするのがコツです。

 

食器の梱包の仕方関連ページ

荷造り〜デジタル家電編
パソコンや液晶テレビなどは衝撃に注意する必要があるデジタル系家電の荷造りのポイント。
服や寝具の荷造り
引越の時にタンスに入っている衣類や布団などの寝具を荷造りするときのコツをお教えします。
引越荷造りの順番を教えます
荷造りを早く楽にするうえでちょっとしたコツがあるのをご存知でしょうか?思いついたままに荷造りをしていたら、せっかくの時間や労力を無駄にしているということもあるのです。
業者が運べない物とは
引越し業者にも運べない物、正確に言うなら運ぶのを拒否できる荷物があります。それらはどんなものであるのか、そして業者が運べない物はどうすればよいのか。
冷蔵庫・洗濯機など大型家電製品の荷造り
冷蔵庫や洗濯機そしてエアコンなどは大きいものなので取り扱いにも十分注意しながら作業をしていくようにしてください。