引っ越しが好き

引っ越しが好きな私

突然ですが、私は引っ越しが大好きです。
今でこそ実家でぬくぬくと過ごしているので、しばらく引っ越しをしていませんが、2年前までは1〜2年に1回のペースで引っ越しをしていました。
実家にいた頃はとても持ち物が多く、片付けができないと両親に嘆かれていましたが、引っ越しをすることになり自分の荷物を整理し始めてみると、片付けても片付けても終わらない。
いかに自分がムダなものに囲まれて過ごしていたかがよく身に染みました…。

 

と、いうことで引っ越しをするたびにいらないものを処分しまくるクセが付いた私。
そうすると自然とものを買うのもちょっと考えるようになり、あまり物を持たない生活でも平気になってきました。
いらない本は読んだらすぐ処分。服は1着買うなら1着処分。雑貨は買わない。とか。
ちょっと寂しい生活なのかも知れませんが、引っ越しのことを考えると買う気にならないというのが本音で、どんどん物が減っていきました。
だから引っ越しって好きなんです。

 

引っ越しをするタイミングは色々です。
仕事が変わるときもそうですし、会社が移転するときにもどうせだったら引っ越ししちゃえと新しい家を探したり。それから当時一緒に住んでいた人と揉めて引っ越しを決めたこともありました。その時はもの凄いスピードで新居を決め、手続きをし、荷造りをし…。あのときほど荷物が少なくて良かったと思ったことはありません。

 

最近は実家に落ち着いてしまい、ひとりで暮らしていた頃よりは物が多くなってきてはいます。だから、ちょっと引っ越し熱が上がってきてしまっています。
ふと、引っ越ししたいなという気持ちが首をもたげてくる瞬間があるのですよね。
物を片付けたいから引っ越ししたいのか、それとも別の場所に住みたいのか、どちらが本当の理由で引っ越しをしたいと思っているのか自分でもよくわかりませんが。

 

物が多いけど片付けられない、という人は一度引っ越しをしてみるのも手なのではないかなとふと思ったりします。
最終的には、昔雑誌で見たことがある「トランク1つで生活している人」みたいになりたいと思ったことがありました。とうてい無理な話ではありますが。

 

引っ越しをする時によく条件としてあげられる、「収納の多さ」。それを考える前に自分の持ち物を冷静に見直してみるのも良いのかなと思います。少なければ少ないほど、引っ越しにかかる費用も少なく済むと、良いことづくしですから。
できれば引っ越しなしで片付けられる女になる事が一番いい気はしますけど。

引っ越しが好きな私関連ページ

ニューヨークから日本への引越し
海外から日本への引越〜日本国内での引越と違って多少勝手の違うこともあるようです。興味深い体験を聞いてみましょう。
見積りについて
引越の見積額はどのような感じで決まるのか?少しでも見積額を安くしたいという方には一見の情報ですね。
業者さんとの間で起きたトラブル
引越のときはいろんなトラブルが起きるものです。特に荷物を運ぶときに物が破損するというトラブルは本当に厄介ですね。
転勤族だった我が家の引っ越し
引越の多い転勤族でしたが、母親の巧みな交渉でいつも良い引越ができました。
色々あって急な引っ越しでしたが
あることが理由で、急にアパートが出て行かなくはなりませんでした。そのときの引越しに利用したのが赤帽さんでした。そのサービス精神には敬服しました。引越を依頼するなら赤帽さんですね。
引越しの時に苦労すること
引越しを体験した人なら、だれでも大変だったことがあることでしょう。そこで二人の方に苦労した経験について語ってもらいました。
半年で2回、私の引越し体験談
半年に2回の引越しを経験した筆者が明かす、引越しの極意とは
海外での貴重な引っ越し体験
海外での引越し体験、日本と他国の引越しの違いについて解説してくれています。海外に住む予定の方は必見です。
わたしの引越し一括見積体験
引越しの一括見積取寄せサイトを利用して、引越しをした女性の体験談です。
引越しスタッフ
信頼できる引っ越し業者をするスタッフの人たちは、概して真面目で礼儀正しい人が多いです。
業者を使わない引っ越し
引越し業者に頼むことなく、自分で荷物を運ぶ引越しは料金がかかりませんが、失敗することもあります。