業者を使わない引っ越し

業者を使わない引っ越し

私は今までに二回引っ越しをしたことがあります。
一度目は札幌市内の実家からの引っ越しでした。
社会人になり数年経った頃、そろそろ一人暮らしでもするか、と引っ越しを決めました。
すぐに仲介業者に行って物件を探しました。
自分ですること
とはいうものの、私は今の会社を「自宅から近いところ」という条件で選んだため、それよりも遠い場所にするつもりはありませんでした。
結果、実家から徒歩五分の賃貸住宅に引っ越すことになりました。
築四十年近い古い建物でしたが、駅に近くてしかも実家に近いという、ある意味理想的な場所でした。しかも家賃は五万円。
自宅に近いため、引っ越しは業者も何も使わず、自分でやりました。
荷物をまとめ、ケースに入れ、台車をゴロゴロ引いて運びました。
信号を渡るときなど、通行人の目線が多少気になりましたが、費用はかからないので良しとしました。
二度目の引っ越しは結婚を機に行いました。
前述の賃貸には、結局一年半ほどしか住みませんでした。
諸事情で妻が分譲マンションを持っていたため、そこへの引っ越しでした。
それも何の偶然か一駅分。またも業者を使わない引っ越しをしました。
さすがに一人暮らしの時のものをすべて持っていくわけには行かないので、ほとんどのものを捨てたり売ったり、身の回りを整理して移動することにしました。
とはいえ今回は一駅分あったので、台車は使いませんでした。
車を持っていないので、タクシーに乗せて運ぶというケチっぷり。
あの時のタクシーの運転手さんには頭が上がりません。
引越し業者を使わない方が、案外身の回りのものが整理できていいかもしれません。

 

自力引越しでの失敗談

私は若い頃、何度か札幌市内の中を自力で引越しを行った事があります。
友人二人に協力をしてもらったのですが、結果は散々でした…。
引越しを業者に依頼すると料金はばかにならないですから、そのお金を浮かせようと…。
車は私の大型のワンボックスカーと友人の軽トラックの2台を準備。
荷造りも前日までに終わらせ、いざ当日決行!!
時期は8月中旬の猛暑…。朝8時引越しスタート!
引越し業者の見よう見まねで洗濯機や冷蔵庫を運び出しました。
住居はアパートの1階。
階段も無く楽勝の予定でしたが、いざ運ぶと重いのなんの。
大きな荷物を狭い玄関を通す事や、壁や床に傷をつけないように運び出すのには相当神経を使いました。
それに、意外と苦労したのがトラックへの積み込み。冷蔵庫などは男三人掛かりでやっとでした(涙)
そんなこんなで引越しが終わったのですが、体力に自信があった私も友人も慣れない作業と真夏の猛暑でもうバテバテ…。
荷物を運び終えた頃には完全にダウン。
荷ほどきなど行える状況ではありませんでした。
私は冷蔵庫と壁の間に指を挟み怪我をするなど、引越し業者の作業員はやっぱりプロなんだなぁと改めて思いました。
さらには疲れが後を引き、荷ほどきが終えるまでにかなりの時間を要してしまいました。
引越しに大切なのはいち早く生活出来る環境にする事です。
その為の体力を残しておく事が重要だと痛感しました。

 

 

業者を使わない引っ越し関連ページ

ニューヨークから日本への引越し
海外から日本への引越〜日本国内での引越と違って多少勝手の違うこともあるようです。興味深い体験を聞いてみましょう。
見積りについて
引越の見積額はどのような感じで決まるのか?少しでも見積額を安くしたいという方には一見の情報ですね。
引っ越しが好きな私
引越って一般的に考えれば、お金も時間も労力もかかるからあまりしたくないと思う人が多いです。でも何度も引越を繰り返していると、それが好きになってくるらしいですよ。
業者さんとの間で起きたトラブル
引越のときはいろんなトラブルが起きるものです。特に荷物を運ぶときに物が破損するというトラブルは本当に厄介ですね。
転勤族だった我が家の引っ越し
引越の多い転勤族でしたが、母親の巧みな交渉でいつも良い引越ができました。
色々あって急な引っ越しでしたが
あることが理由で、急にアパートが出て行かなくはなりませんでした。そのときの引越しに利用したのが赤帽さんでした。そのサービス精神には敬服しました。引越を依頼するなら赤帽さんですね。
引越しの時に苦労すること
引越しを体験した人なら、だれでも大変だったことがあることでしょう。そこで二人の方に苦労した経験について語ってもらいました。
半年で2回、私の引越し体験談
半年に2回の引越しを経験した筆者が明かす、引越しの極意とは
海外での貴重な引っ越し体験
海外での引越し体験、日本と他国の引越しの違いについて解説してくれています。海外に住む予定の方は必見です。
わたしの引越し一括見積体験
引越しの一括見積取寄せサイトを利用して、引越しをした女性の体験談です。
引越しスタッフ
信頼できる引っ越し業者をするスタッフの人たちは、概して真面目で礼儀正しい人が多いです。