引越し多い 共通点

引越しが多い人の意外な共通点とは

やっぱりそうだったの

引越しの多い人は、一般的に荷物が少ないです。

友人が平均2年に1度くらいのペースで引越ししているのですが、遊びに行って驚くのは本当に家具以外については、必要最低限のものしか置いてないことです。
最初は普通に荷物があったようなのですが、引越しの度にダンボールにつめて、また出してを繰り返すうちに、必然的に今の状態になったと言っています。
本や雑誌も、かなり買う人なのですが、ある程度経ったら、ほとんど捨てています。
捨てるのに非常に思い切りがいいです。
とにかく、とっておくスペースがもったいないし、大体とっておいても100%もう一度みることはないから、というのが理由なのですが。
実際はそれ以上に、やはり荷物が多いと、引越しのコストがその分かかるから、というのが実情のようです。
確かに、ダンボールいくつ分でいくら、といった費用のかかり方をしますから、もっともなのですが。
それでも、ものを捨てることに対して抵抗がある自分から見ると、ここまでするかなあ、と思ってしまいます。
他の友人で、単身赴任で引越しを繰り返している人間がいるのですが、彼もやはり荷物は少ないです。
実家に大きな物は置いてある、というのもあるようですが、それにしても基本的に毎日くつろぐのにもうちょっと品物が必要なのでは、と思ったりします。

 

 

引越しが多い人の意外な共通点とは関連ページ

賃貸アパートからの引越しでとんだことに
アパートを出るときに、思いもよらない修繕箇所を指摘されて、予想もしなかった出費になりました。
引越し貧乏
引越しの回数が多いと、引越し貧乏になるといわれていますが、あなたはどうでしょうか?
単身引越の体験談
単身者は家族の引越しよりも荷物などが少ないですが、一人ですべてやらないといけないので大変です。そこで是非ともやっておきたいのがこれです。