引越し 賃貸アパート

賃貸アパートからの引越しでとんだことに

最近、主人の転勤で引越しをしました。賃貸アパートからの引越しだったので、
引越しの荷物搬出後に部屋を引き渡すことになりました。
その際には、家主側の業者さん(住宅の内装業者さん)が来られて、部屋に傷や汚れがないかを細かくチェックされました。
敷金を払っていたので、補修が必要な箇所は敷金から引いてもらえるということで、また、夫婦2人暮らしでしたのでそれほど目立つ傷や汚れもなかったため、割とたくさんの敷金が
返還してもらえそうだな・・・というところで話が落ち着きそうでした。

アパートから

最後に、何か住んでいて気になることはありましたか?と聞かれたので、洗面所の窓に網戸がはじめからなくて、夏場に虫が入ってきて困りました、とお伝えしたところ、洗面所とお風呂の確認に。
その前のチェックでも見ていただいていたのですが、網戸については気付かれてなかったそうで、善処しますということでした。
そのときに、ふとお風呂を見た業者さんが、先ほどは見落としていた風呂釜の傷を発見。
「この傷はいつどうやってついたんですか?」と聞かれてしまいました。
確かに住み始めには無かったのですが、何かを落としたりした訳ではないけれど自然についてしまった傷だったのでそう説明したのですが、傷の入り具合から風呂釜を全部交換しなければならないかもしれないといわれてしまいました。しかもユニットバスだったので金額がかなりかかるかもしれないと・・・
余計なことを言わなければ、請求されなかったのに、と後悔しまくりました。
結局は、大家さんがいい方だったので、パテで修繕する費用だけで良いことになりほっとしました。

 

 

賃貸アパートからの引越しでとんだことに関連ページ

引越しが多い人の意外な共通点とは
引越しが多い人には、ちょっとした共通している事柄あるようです。さてそれどういうことなのでしょうか……
引越し貧乏
引越しの回数が多いと、引越し貧乏になるといわれていますが、あなたはどうでしょうか?
単身引越の体験談
単身者は家族の引越しよりも荷物などが少ないですが、一人ですべてやらないといけないので大変です。そこで是非ともやっておきたいのがこれです。