引越 休みの日

休みの日に引越しをする人は意外に少ない

引越をあまりしたことがない人にとって、自分がいつ引越しをするのか迷うかもしれませんね。
大概は仕事があるから引越しのために休みなど取ることが不可能なので、土曜や日曜そして祝日に引越をしようと考えると思います。
全国で引越しをした人のデータを見てみると、休日に引越しをする人よりも平日に引越しをした人の方が圧倒的に多いんだそうです。
年代別のデータを見ると10代と60代の人に限っては、その8割以上が平日を引越しをしています。それ以外の年代でも6割以上は平日の引越しを選んでいるんですね。
これは多くの人が土曜日曜など週末よりも平日の料金が多少安くなることで、費用を少しでも安くしたいと考えたり、何かと混雑する休日を避けて引越しをしたいという人が多いことの表れであるのでしょう。

 

定年退職者

20代から50代のいわゆる働き盛りなのでこれらの人たちは平日に休んで引越しをする時間が取れなかったり、家族がいて子供がいたりすれば、子供の学校や伴侶が働いていれば休みを合わせるなどの調整が必要になりますので、この年代では多少平日に引越をする人が少なります。

それに比べて10代はまだ学生さんが進学や就職のために引越しをするので、時間の融通が利くのでしょうからそれで容易に平日に引越しをすることができるのでしょう。
これと同じ理由で60代の方たちもその多くがすでに仕事を退職されていることから、わざわざ料金が高い日曜や祝日に引越をしなくてもいいということだと思います。

 

休みの日に引越しをする人は意外に少ない関連ページ

費用はどれくらいかかったか
引越にかかる費用はどれくらいかかるのか?誰でも最も気になる部分だと思います。ある程度のデータを知っていれば業者との交渉にも役立つものです。